医師・スタッフ紹介



医学博士 本西秀太(もとにし しゅうた)
平成18年 東京大学医学部卒業
NTT東日本関東病院における専門研修後、
東京大学大学院腎臓内分泌内科にて学位を習得。
・腎臓専門医(日本腎臓医学会)
・透析専門医(日本透析医学会)
・総合内科専門医(日本内科学会)


【スタッフより一言】

透析治療は永続的な治療であり、患者様にとっては生活の一部となります。私達看護師は、安全な医療の提供はもちろん、質の高い、心のこもった温かい看護を目標としています。また患者様が安楽に透析治療を受けられることが重要と考えます。生涯にわたるお付き合いの中で、患者様やそのご家族のお話に耳を傾け、理解・尊重し個別的な看護を提供することで満足度の向上に努めています。今後は、ますます高齢者の透析導入、合併症の併発や介護を必要とする患者様の増加が推測されますが、医師・臨床工学技士・医療ソーシャルワーカー・理学療法士・看護助手との連携を密にし、情報を共有しながら、患者様の精神的支援、社会的支援を行っていきます。更に専門職としての自己研鑚を積み、個々の知識や技術の向上によりスタッフの活性化をはかっていきたいと考えています。

【スタッフより一言】
当院では、最新の東レ社製透析支援システムMiracle DIMCS UXを採用しており、きめ細かな質の高い透析医療を患者様に提供しております。透析装置も自動化装置を多数配備しており、厳密な水質管理体制の中、オンラインHDF(血液透析濾過)治療を積極的に行っており患者様のQOL(Quality of life)の向上に努めております。また関連学会や勉強会の参加も積極的に行っており、施設間での人事交流を行いながら臨床工学技士としてレベルアップを図っております。