鶴見駅西口から徒歩7分  花月園前駅から徒歩5分    慢性腎臓病(CKD)外来、腹膜透析を開始しました。

文字サイズ変更 標準 拡大
背景色変更 白色 青色 黒色
   
病院のご紹介 | ご挨拶 | 基本理念・方針 | 施設概要 | 施設紹介 | 施設紹介 | 関連施設のご紹介 |
ご挨拶

私たちの病院の主な目的は個々の患者さんに合った、心有る良質な医療を提供することです。診療内容は内科、循環器内科、腎臓内科、整形外科を行っております。その中で腎疾患、血液透析療法は常勤の専門医が診療にあたっております。また循環器内科、整形外科は専門医が外来診療を担当しております。

 腎臓病(腎炎、保存期慢性腎不全)については専門を生かした診療を行うとともに、腎臓疾患で悩まれている方のご相談にも応じたいと思っております。

 透析療法については外来血液透析療法を行っておりますが、入院施設があることより患者さんの状態に応じ入院治療を受けることが出来ます。
入院透析患者さんは様々な合併症を認めることがあり、入院が長期になることがあります。患者さんが安心して入院生活が送れると共に、長期入院による身体の機能低下を防ぐため、リハビリテーションを積極的に取り入れ、また患者さんの気分転換などの精神面を考慮した行事などの試みも行っております。

 治療にあたり、当院の利点である小回りの利く機能を生かし、そして、家庭医としての対応も行いたいと思います。その為にも他の医療施設との連携を大切にしたいと考えております。

 また、患者さんのご家族に対して密な連携を心がけることも大切であると思っています。特に長期入院をされる患者さんに対しては<自然な安らぎ>ということについて共に考えていきたいと思います。

  以上、私たちの病院の方針や内容を簡単に述べましたが、職員一同 医療の本質をわきまえ、チーム医療とは何かを考え、常に良い病院作りを目指す気持ちを持っていたいと思っております。


平成25年4月   鶴見西口病院
introduction category
・病院紹介